岐阜競輪 #43

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大


ホーム > 予想・展望 > レース展望 > レース展望 詳細

レース展望

F2 2020年1月19日(日)~ 1月21日(火) Kドリームス杯 ガールズケイリンコレクション2020静岡ステージ・トライアルレース

kドリームス杯 FII ガールズケイリンコレクション2020静岡ステージ・トライアルレース

1月19日からはKドリームス杯FII ガールズケイリンコレクション2020静岡ステージ・トライアルレースとして岐阜バンクを舞台に熱い戦いが繰り広げられます

ガールズケイリンコレクショントライアルではグランプリを連覇中の福岡 児玉碧衣選手を筆頭にグランプリでレースを動かして見せ場を作った東京の奥井迪選手に同じく東京の高木真備選手、静岡の鈴木美教選手、グランプリ覇者の栃木 梶田舞選手と実力者が揃います。
児玉選手の勢いを止める事が出来るのか...
高木真備選手が12月14日からの岐阜で2着2着で予選を終え決勝でも3着。悔しさを噛み締めながら岐阜を後にしました。その悔しさから修正と調整を重ねて岐阜以降の3場所は完全優勝を果たしています。冬場の岐阜バンクの状態を肌で感じている高木選手の巻き返しに期待できそうです。
また静岡の鈴木美教選手にとってはコレクションの舞台が地元静岡です。近況は4場所連続優勝と好気配に加え、何としてでもコレクションの舞台に立ちたいと言う強い思いが更なる力となりそうです。
尚、コレクショントライアルは岐阜を皮切りに、25日から静岡、30日から久留米と3つの競輪場で行われます。
コレクションの出場権利を掴めるのは各決勝戦1、2着選手と3着選手1名です。(各3着選手は選考順位上位者が権利を手にできます)
華やかなガールズケイリンを存分にお楽しみください

A級1、2班戦ではS級からの降級組が8選手(宮城の保科千春選手、埼玉の宮下貴之選手、千葉の成清謙二郎選手、愛知の光岡義洋選手、岐阜の竹内公亮選手、三重の伊藤稔真選手、大阪の岸川哲也選手、佐賀の山口貴弘選手)が出走予定です。
機動力としてはS級でも活躍していた三重の伊藤選手が抜ける存在となりそうですね。竹内選手や光岡選手、S級経験者の山田雅之選手など中部勢の強固なラインが岐阜バンクを盛り上げてくれそうです。

そして今シリーズの楽しみの1つに117期として日本競輪選手養成所で訓練を受けていた生徒の中から優秀な成績を収めたとして この度 早期卒業制度が初めて導入され早期卒業証書授与式が行われ 2019年12月23日付けでA級3班として一足先にデビューを果たす2選手のうちの1人 長野の菊地岳仁選手が岐阜で競輪人生をスタートさせます。菊地選手はスピードスケート出身。スピードの持久力が高いそうです。また競走訓練では先行を貫いていたそうです。菊地選手は拠点を伊豆に置いてナショナルチームのBチームに所属し五輪を目指すそうです。スーパールーキーの圧倒的な先行力をどこよりも早く岐阜で観られるなんて本当に楽しみですね。

さて、今シリーズはこれまでのレースプログラムとは異なります
初日、2日目は前半のチャレンジは変わりませんが後半はガールズケイリンとA級1、2班が入れ替わります
また最終日はガールズケイリンは第9レースと第12レース(決勝)、チャレンジの決勝が第10レース、A級1、2班の決勝は第11レースになります。

勝利選手インタビューも地元岐阜選手とガールズケイリンは全てのレースで実施され、チャレンジとA級1、2班では勝ち上がりのレースでインタビューが行われます。
初日は1レースから全レースで行われますのでお早めにご来場いただいてお楽しみください

皆様のご来場をお待ちしています
服部佳代子