岐阜競輪 #43

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大


ホーム > 予想・展望 > レース展望 > レース展望 詳細

レース展望

F2 2021年5月10日(月)~ 5月12日(水) Kドリームス杯ガールズケイリン

kドリームス杯 FII ガールズケイリン

岐阜競輪ではまだF1開催が終了したばかりですが5月10日からKドリームス杯ガールズケイリンが行われます。

今回の開催も見所の多い熱いレースになりそうですよ

まずA級1、2班戦では来期S級への復帰を決めている大阪の北川大五郎選手が3度の優勝とメンバーでは抜ける存在ですが、熊本の兼本将太選手、中村健志選手の両者も魅力的です。中村選手は来期S級に返り咲きます。8場所の成績も優勝は1回ですが準優勝は4回と好調です。一方の兼本選手は今年の1月19日に特別昇班を決め、6場所走って全て決勝進出を決めています。その決勝戦でも2度の完全優勝、2度の準優勝に3着1回と抜群の成績です。ただ直前の4月13日からの高知の決勝戦で落車のアクシデント。その影響がどれくらいなのか気になりますが、決勝まで勝ち上がり中村選手との連係になると両者のゴール勝負が注目となりそうですね。
また来期からS級に返り咲くメンバーには愛媛の日野博幸選手、徳島の青井賢治選手、富山の表大暁選手の実力者も参戦です。日野選手は2月に優勝もありますが、成績が安定していない所が少し気になります。青井選手は近況初日は3場所1着スタートを決めていますので伸び脚には注目ですね。
迎え撃つ地元勢はホームバンクの堀兼壽選手に期待です。2月13日からの小倉で決勝に進み そこからほぼ決勝常連メンバーに仲間入りして復調気配です。4月16日からの松阪ミッドナイトでは藤原誠選手をつけて二人でワンツーを決める優勝でした。堀選手は以前、ホームバンクで特別昇班を決めていますが、それ以降はホーム戦の責任がプレッシャーとなって力を出しきれていないように見受けられますが...今の勢いのまま自信をもって挑む堀選手に期待したいと思います。
その他 岡山の山崎駿哉選手は6場所続けて初日連に絡んでいます。また京都の中川繁樹選手は初日の連対率が高いので要チェックです。
加えて愛知の井上嵩選手が3月29日の豊橋で久しぶりに優勝を、桜井雄太選手は決勝には進めていませんが1着は取れていますので愛知の両者からも目が離せません。

そしてチャレンジでは地元から小浦凪選手が特別昇班をかけての開催になります。ただホームバンクの長谷部隆一選手や追加斡旋となった大阪の仲野結音選手も優勝を狙える存在です。優勝はどの選手の手に?!小浦選手が2度目の特別昇班を決めきることができるでしょうか?!楽しみですね。

ガールズケイリンでは久しぶりにホームバンクの姫二人 小坂知子選手と宮地寧々選手が同斡旋で岐阜バンクを舞います。近況の小坂選手はスタートを取ってから突っ張り先行という戦法を貫く攻めのレースが印象的です。また宮地選手は安定して決勝進出を果たしています。どちらもホーム戦への思いは普段以上に気持ちの入るレースで勝負していきます。今シリーズは力上位の抜ける存在としては坂口楓華選手がいますが南円佳選手、成田可菜絵選手に豊岡英子選手、フレッシュクイーンに出走した西島叶子選手等も含め位置取り次第、流れ次第で小坂選手、宮地選手のホーム陣も十分チャンスはありそうです。激戦になりそうなガールズケイリン。どうぞご期待ください。

服部佳代子(2021、4、28)